2011年01月11日

足のツボを押すときのポイント

足のツボを刺激をするとき、指先に思い切り力を込めて押してしまう方が少なくありません。
しかし、これでは渋谷 マッサージをする側が指を負傷してしまいます。
また、受けている方にとっても気持ち良くないのです。


親指で足のツボを押すにあたっての注意点としては、決して指だけで押そうとするのではなく、少しずつ自分の体重を加えていくようにしましょう。
もちろん、自分の指に痛みを感じない程度の力加減で行ってください。


そして大きなコツとなることは、肘を伸ばすことにあります。
相手の体に対して垂直に体重をかけることで、余計な力をかけることなくツボを押すことができます。
受け手にとっても、安定した圧力と気持ちよさを感じられるのです。
そのためには、施術側と受け手のお互いが、正しい姿勢をとるようにしましょう。
施術側はそうしやすいように、そして受け手がしんどくならない姿勢を取って、無理がかかることがないリラックスした状態で出張マッサージ 神戸市内できるようにしましょう。
ラベル: 足のツボ 体重
posted by aoikiou at 12:38| マッサージの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。