2010年12月08日

程度が軽いうちに高血圧を改善するツボ

現代社会では働き詰めになることも多く、過労によって高血圧、更にひどいケースでは動脈硬化になってしまうというくとを耳にします。
高血圧によくなるのは中高年と考えがちですが、近年では若い人でも高血圧になることが少なくありません。


高血圧の症状は肩こりや頭痛、めまい、耳鳴り、嘔吐などがあげられますが、これらの症状は、正常な人と比べても大差がない場合がほとんどです。
つまり、症状が無いのです。
そのため、心臓病や脳卒中、腎臓病などといった合併症が、ある日急に出てきたりするのです。
高血圧の人は、以下のツボを刺激して早めに対処していきましょう。


・人迎(じんげい)
のどぼとけより指2本分外側のくぼみ(さわると脈を感じるあたり)にあるツボです。
ここを刺激すると、血圧を安定させる効果があります。
首筋に手をおいて、親指をツボにあて、首を動かしながらやさしく抑えていきます。
刺激のしすぎは厳禁です。

・復溜(ふくりゅう)
くるぶしの内側から指3本分上の、アキレス腱の前にあるツボです。
利尿作用が活性化され、冷え性を和らげるのに有効です。
足を両手で包んで、親指を重ねてツボにあて、ゆっくり息を吐きながら押しましょう。
posted by aoikiou at 13:01| 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。