2011年01月27日

マッサージオイルを使うメリット

数種類のアロマオイルがブレンドされたマッサージオイルを使うと、鼻からオイルの香りを吸入したり皮膚から直接浸透させることで血管が拡張して血行がよくなったり、気持ちがリラックスしたりと、何も使用しないマッサージと比べてさらに明確に自分の目的にあわせることができます。


たとえば、肩こりを解消するマッサージなら、血管を拡げて筋肉をほぐすためのアロマがブレンドされたオイルを使ったり、セルライトをなくすのなら脂肪燃焼を促進させる効果のあるアロマをブレンドする、などです。


どうブレンドしていいかわからない方のために、既にブレンドされたアロママッサージオイルも販売されています。
少しでもアロマに精通している方なら、用途ごとにその都度自分でオイルをブレンドするようにすると、自分にあったマッサージオイルを作ることができます。
posted by aoikiou at 17:29| アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

セルライトマッサージをする最良のタイミング

セルライトの除去をマッサージでするのなら、血行を促進させることが肝心となります。
セルライトとは、そもそも血行が滞り、体内に老廃物が蓄積されることにも要因があるのです。
体内に溜まった老廃物を除去するためには、リンパや血液の流れを活発にする、肝臓や腎臓の機能を高くする、腸がよく働くようにすることなどが必要となります。
そのためセルライトマッサージをするタイミングは、血液やリンパの循環が活性化される入浴中や入浴後がもっとも効果的なのです。

マッサージみたいに新宿

よって、入浴中はお風呂にのんびりと浸かりながら、お尻や太ももなどのようなセルライトができやすいところを中心に、揉んだりつまんだりなどといったマッサージをしていきましょう。
セルライト除去マッサージに限らず、何事においても継続することがです何よりも大切です。

出張マッサージよりは世田谷区
posted by aoikiou at 13:05| リンパマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

顔のむくみを解消するマッサージ

顔のむくみを解消するのなら、耳のすぐ下のところにリンパ節があるので、目の周辺の骨に沿って軽く押すようにマッサージしたり、顎関節やこめかみにも刺激を与えたら、最後に耳のすぐ下のリンパ節を押しましょう。
ふくらはぎなら少し強めの力ですることもありますが、顔やリンパ節をマッサージするときは、力をほとんどかけることなく行っていきましょう。


心臓の方向へ血液を流すことさえ忘れなければ、むくみ解消のためのマッサージは、どこだろうとそれほど難しく感じることはありません。
それよりも、毎日少しずつでも続けていくことが大事です。
posted by aoikiou at 13:38| リンパマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

マッサージでご法度となること

数あるマッサージの中でもポピュラーなもののひとつに、オイルマッサージがあります。
オイルの値段も割とリーズナブルなものが多いので誰でも気軽にオイルマッサージを始めやすいのですが、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。


・オイルは酸化させないように
種類で違いがあるのですが、酸化しやすいオイルの種類もあります。
酸化してしまうと鼻につく匂いに質が変わってしまうので、しょっちょう使うかそうでないかも、オイルを購入するときの目安としましょう。

・体が冷えきった状態でのマッサージはご法度
このことはオイルマッサージに限った話ではないのですが、冷えてしまっている体にいきなりマッサージをすると、アザができてしまうことが少なくありません。
よって、どういうものであれマッサージをするのであれば、体をある程度は温めてからにしたり、体が冷えている状態のときは、ひとつずつ段階をふんでマッサージをするようにしましょう。
posted by aoikiou at 12:41| マッサージの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

足のツボを押すときのポイント

足のツボを刺激をするとき、指先に思い切り力を込めて押してしまう方が少なくありません。
しかし、これでは渋谷 マッサージをする側が指を負傷してしまいます。
また、受けている方にとっても気持ち良くないのです。


親指で足のツボを押すにあたっての注意点としては、決して指だけで押そうとするのではなく、少しずつ自分の体重を加えていくようにしましょう。
もちろん、自分の指に痛みを感じない程度の力加減で行ってください。


そして大きなコツとなることは、肘を伸ばすことにあります。
相手の体に対して垂直に体重をかけることで、余計な力をかけることなくツボを押すことができます。
受け手にとっても、安定した圧力と気持ちよさを感じられるのです。
そのためには、施術側と受け手のお互いが、正しい姿勢をとるようにしましょう。
施術側はそうしやすいように、そして受け手がしんどくならない姿勢を取って、無理がかかることがないリラックスした状態で出張マッサージ 神戸市内できるようにしましょう。
ラベル: 足のツボ 体重
posted by aoikiou at 12:38| マッサージの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。